開発・改善への取り組み

私たちは、浴槽設備の軽量化、マッスルスーツ(装着型介護ロボット)の導入など、積極的に、スタッフの作業負担を軽減するための設備導入を行ってまいりました。これまでの開発への取り組みをご紹介します。

2006年に東山グループ入りした際に、東山グループの安井功会長の指示のもと、職場環境改善を目的として、訪問入浴で使用する作業用具の軽量化や使い勝手向上を図るべく、数々の改良を進めて参りました。

自社専用浴槽の開発

まず、訪問入浴介護で使用する「浴槽」の軽量化のために、ガラスファイバー(FRP)素材を導入して、4kgの軽量化(27kg→23kg)に成功しました(2008年)。
さらに、カーボンプラスチック素材(CFRP)の導入により、12kg(23kg→11kg)の軽量化に成功しました(2010年)。
その後3年間をかけて、全車両の浴槽を全て軽量浴槽へ交換していきました。また、浴槽の改良に合わせて、訪問入浴車を使い勝手の良い車両へ改良していきました。

平成19年7月 自社専用浴槽(訪問入浴用)の開発スタート
平成20年4月 自社専用浴槽(訪問入浴用)完成
重量27㎏→23㎏(▲4㎏)、GFRP製(ガラスファイバー)
平成21年5月 軽量浴槽(訪問入浴用)の開発スタート
平成22年1月 軽量浴槽(訪問入浴用)完成
重量23㎏→11㎏(▲12㎏)、CFRP製(カーボンプラスチック)

マイクロバブル車載タイプの導入

次に、入浴剤の使用により手荒れに悩む入浴ヘルパーさんのために、マイクロバブル発生装置を導入し、マイクロバブル車載タイプを全入浴車両へ導入しました(2011年)。
マイクロバブルは、超微細な気泡が、不要になった皮脂膜だけを優しく洗い流すもので、ミクロの泡が全身をピカピカにする効果があり、お客様にも大変喜んでいただけるものとなりました。

平成23年12月 マイクロバブル車載タイプを全入浴車両へ導入

マッスルスーツ(装着型筋力補助装置)の共同開発

更に、腰痛防止のために、2010年から東京理科大学とマッスルスーツ(装着型筋力補助装置)の共同開発を開始しました。訪問入浴介護は水を使用する仕事のため、電気を使用しない装置が必要ですが、圧縮した空気をエネルギーとすることで、電気を使用せずとも、抱え時に生じる腰への負担を軽減出来る装置が完成しました。2013年に初号モデル100台を現場へ導入し、2014年には追加500台を導入し、全ての入浴車に1台ずつ、マッスルスーツが配備されるに至りました。

平成22年8月 東京理科大学とマッスルスーツ(装着型筋力補助装置)の共同開発開始
平成25年7月 マッスルスーツの初号モデル完成。100台導入
平成26年10月 マッスルスーツ500台追加導入(本格的に現場へ導入)

電子カルテの導入

2017年から電子カルテのプロジェクトを立ち上げ、2018年から本格導入となりました。これまで手書きで記録していたものを、全てタブレット端末を利用して記録することになり、事務所に戻ってからパソコンでの入力業務が減少することにより、作業効率が大きく改善されました。

現在も、職場環境改善のために、新たに業務改善ワーキンググループを結成し、さらなる改善を進めています。

平成29年3月 電子カルテプロジェクトが発足
平成30年1月 電子カルテを本番導入。

マルチ担架シート・スライダーボード

2019年6月から『脱・抱え介助』、『ノーリフトケア』をテーマに職員の腰痛要因(特に男性)となっている、ご利用者様を抱きかかえて移乗する介助からの脱却を目指し、多機能担架の開発がスタート。
2020年に様々な環境に多様に対応できる『マルチ担架シート』が完成しました。移乗介助を『抱え移乗』から『担架移乗』に切り替わる事で、職員の腰への負担を大幅に軽減させ、ご利用者様にも安心と安全をお届け出来る担架移乗を確立させました。
スライダーボードと併用させる事で、より大きな作業負荷軽減を実現させ女性による介助の幅を広げ、女性がより活躍出来る環境にも一歩前進しました。
2020年4月から量産に入り、全入浴車に配備されるに至りました。

令和元年6月 次世代型多機能担架開発スタート
令和元年7月 業務改善ワーキングチーム発足
令和元年9月 多機能担架(メッシュ式)初号機開発
令和2年1月 メッシュシートに保護機能を持たせマルチ担架完成
100枚 テスト導入
令和2年4月 マルチ担架600枚量産開始、本格的に現場導入