アサヒサンクリーン

通所型サービス(デイサービス)

仲間とふれあい、レクリエーション活動等を
通して楽しく・美味しく自立支援。

アサヒサンクリーンのデイサービスセンターでは、送迎つきの日帰りで、
食事・排泄・入浴などの日常生活の介護と機能訓練を提供させて頂きます。

ご利用いただくお客様のペースに合わせた介護のご提供、
四季を感じたり、頭を使ったりするレクリエーション(=機能訓練)などを通して、
気の合う仲間とふれあいながら、楽しい自立支援のお手伝いをさせて頂きます。
事業所ごとに各地域に根差したサービスや企画を行っているのも特徴です。
これらの活動は、外出や会話が減ることで起こる、心身の機能低下を防ぐ効果があります。

介護スタッフが見守る中で、楽しみながら安全に、
食事や入浴、趣味などの機能訓練を受けてみませんか。

施設のご紹介

1日の流れ

※各事業所により、内容や時間は異なります。下記はあくまで一例です。
  • 8:30朝の送迎

    ご自宅までお迎えにあがります。

  • 9:30センター到着、健康チェック

    センターに到着されたら、お茶とおしぼりで一息ついて頂きながら、入浴前の健康チェックを行います。

  • 10:00入浴・機能訓練・フリータイム

    お身体の状態に合わせ、スタッフが付き添いながら入浴して頂けます。入浴後は、機能訓練や趣味の時間をお過ごしいただきます。

  • 12:00口腔体操・昼食

    お口の体操をした後は、厨房スタッフの手作りの昼食を召し上がって頂きます。(※竜宮、神宮しょうぶ苑は外部委託となります)

  • 13:00口腔ケア・休憩

    口腔ケアの後は、気の合う仲間とおしゃべりをしたり、ふとんで横になったり、各自自由にお過ごしください。

  • 13:30レクリエーション

    日替わりの様々なレクリエーションを行っております。ボランティアの方も多数来訪します。気の合う仲間とカラオケやマージャンを楽しんだり、個性的なスタッフによる出し物をお楽しみください。

  • 15:00口腔ケア・おやつタイム

    おやつと共にコーヒーやお茶で一服して頂きます。

  • 16:00体操・帰りの挨拶

    お帰りの前にラジオ体操をかけたり、看護スタッフの指示による体操を行います。しっかり運動をした後は、帰りの身支度を整えて頂きます。

  • 16:30帰りの送迎

    朝同様、ご自宅までお送りいたします。

サービス申込の流れ

※介護保険の申請をしていない場合
  • 最寄りの行政に利用申請

    最寄りの行政(市・区役所等)または、地域包括支援センター(以下、「包括」という)に申請して頂き、介護保険の認定を受けます。

  • 事前相談

    ケアマネージャー様または包括担当者様を決めて契約をして頂き、ケアプラン等の作成の為の事前相談をします。

  • サービス事業所と契約

    サービス提供事業者を選定頂き、サービス事業所(施設)と契約して頂きます。

  • ケアプラン等の作成

    ケアマネージャー様または包括担当者様がケアプラン等を作成し、お客様の同意を得ます。

  • サービス開始

担当ケアマネージャー様がすでにいらっしゃる場合は、ケアマネージャー様にご依頼下さい。

よくあるご質問

Q利用したい場合は?
Aまずは当社施設または担当のケアマネジャー様へご相談ください。 
Qどのような方が利用できますか?
A「事業対象者」「要支援」「要介護」の認定を受けた方がご利用可能です。
認知症症状のある方や寝たきりの方もご利用できます。
お身体の状態によってはご相談させて頂く場合もございますので、お近くの当社施設にお問合せください。 

滞在型サービス(ショートステイ)

第二の自宅として、楽しく快適な生活環境を
ご提供する短期間の生活施設。

介護されているご家族様が冠婚葬祭や休養などで、一時的にご自宅での介護が困難になったとき、
施設に短期間入所して頂き、食事・入浴・排泄などの
日常生活上の介護や機能訓練等を提供致します。
安心してご利用頂けるよう、生活相談員や介護・看護スタッフ等へ、
ご本人の心身状況と併せて様々なご要望をお聞かせ下さい。

ご担当のケアマネジャー様や主治医とも必要に応じて連携を図ります。
サービスご利用中も介護・看護スタッフがお客様に合わせたケアの提供をさせて頂き、
ご利用終了時には適切に状況の報告をさせて頂きます。

サービスの特徴

  • お薬の管理や継続的な医療的処置等もおまかせください。
    決まった時間の服薬や白内障等オペ後の継続的な点眼や、お身体の傷等への継続的な処置対応は、ご家族様だけでは対応が難しいケースがございます。当社スタッフがキチンと管理しますので、安心しておまかせください。

サービス申込の流れ

※介護保険の申請をしていない場合
  • 最寄りの行政に利用申請

    最寄りの行政(市・区役所等)または、地域包括支援センター(以下、「包括」という)に申請して頂き、介護保険の認定を受けます。

  • 事前相談

    ケアマネージャー様または包括担当者様を決めて契約をして頂き、ケアプラン等の作成の為の事前相談をします。

  • サービス事業所と契約

    サービス提供事業者を選定頂き、サービス事業所(施設)と契約して頂きます。

  • ケアプラン等を作成

    ケアマネージャー様または包括担当者様がケアプラン等を作成し、お客様の同意を得ます。

  • サービス開始

担当ケアマネージャー様がすでにいらっしゃる場合は、ケアマネージャー様にご依頼下さい。

よくあるご質問

Q健康診断書は必要ですか?
A必要ございません。ただし、生活介護上必要な情報はお伺い致します。
Q空き状況を教えてください。
Aまずはお電話でお問合せください。空きがあれば即日ご利用可能です。
Q滞在費、食費について教えてください。
A 【つつじヶ丘SS】
滞在費:1,150円/日、食費:1,380円/日(3食)となります。
【あやしSS】
滞在費:840円/日(二人部屋(多床室)、食費:1,530円/日(3食)となります。

ただし、お客様によっては減免制度が適用されますので、最寄りの行政(区役所等)もしくは、
担当ケアマネジャー様にご相談ください。
Q受け入れ基準を教えてください。
A こちらの受入基準表を参照ください。【つつじヶ丘SS】 【あやしSS】

グループホーム

お客様の「その人らしさ」を大切に、
望む暮らしの実現に向けた生活支援。

認知症の診断のある方が、共同生活環境において、生活をする入所サービスです。
1つのユニットは9人定員で、アットホームな生活空間となっており、
入浴や排泄・食事などの日常生活介護を提供します。
「お客様は毎日が主役、いつでも主役」を施設理念とし、毎日の生活の中で、
スタッフや他入所者の方々とともに、レクリエーションや外出などの刺激を通して、
認知症の方が安心して、生き生きとした生活を送ります。職員とお客様が馴染みの関係となり、
ゆっくりと向き合えるようなサービス提供を心掛けています。
できるだけご自宅で過ごす様なゆったりとした雰囲気を作り、
職員とお客様がゆっくりと向き合えるようなサービス提供を心掛けています。

小規模多機能型居宅介護

第二の家として、楽しく安心して
過ごす環境をご提供するサービス。

ご本人の生活リズムを変えることなく、通い・訪問・宿泊サービスを組み合わせる事で、
見慣れた職員により24時間365日、長年住み慣れた地域で安心して生活できる
「地域密着型サービス」の1つです。
その名の通り、地域との繋がりも視野に入れた活動を取り入れる事で、
その方が紡いできた交流を途切れさせる事の無いよう
「その方々にあった介護サービス」を提供しています。

生活パターンは十人十色、ならば提供する介護サービスも十人十色ではなくてはいけない。
同じ職員が通い・訪問・宿泊を通じて接する事で、お客様の情報が十分に
周知徹底される為、高質且つ柔軟なケアが可能となります。