2024/02/07 訪問介護

訪問介護の法廷研修とは?年間・個別の研修計画の立て方を徹底解説!

訪問介護の法廷研修とは?

 

「訪問介護の法廷研修って?」

 

「どんな研修をどれくらいやったらいいの?」

 

研修の計画を立てようと思っても、詳細がわからないと難しいですよね。

 

しかし、運営指導のチェックポイントにもなっているので研修は必須…。

 

そこでこの記事では、訪問介護の法廷研修の種類から計画の立て方まで幅広く解説します。

 

適切な研修で、サービスの質を高めましょう。

 

 

訪問介護の法廷研修とは

訪問介護の法廷研修とは

 

訪問介護の法定研修は、介護事業者に対して義務付けられたものであり、介護職員の資質向上を目的としています。

 

特に、運営基準の第30条では、「勤務体制の確保等」に関して、事業者は訪問介護員等の研修の機会を確保しなければならないと定められています。

 

第30条の2では「業務継続計画の策定等」が、第31条では「衛生管理等」が、そして第37条の2では「虐待の防止」が重要なテーマとして挙げられています。

 

これらの条項に基づき、事業者は緊急時の対応計画、衛生管理の実践、虐待防止策など、具体的な研修内容を提供することが求められています。

 

また、法定研修は、介護職員が自身のキャリアを発展させ、より高いレベルの介護サービスを提供するための基盤を築くことにも寄与します。

 

このように、訪問介護の法定研修は、介護職員にとって必須のものであり、介護を必要とする人々に対して最高のサービスが提供されることを目指しています。

 

 

研修の種類

研修の種類

 

この章では、訪問介護の法定研修に定められている研修の種類についてそれぞれ解説します。

 

 

1.認知症及び認知症ケアに関する研修

認知症ケア研修は、認知症のご利用者様の特性理解と適切なケア方法を学ぶためのものです。

 

この研修の目的は、認知症のご利用者様の行動やニーズを理解し、最適なサポートを提供することです。

 

例えば、認知症のご利用者様が過去の出来事を現在のものと混同して話す場合、それに対して共感を示し、安心感を提供する対応が必要になります。

 

しかし、認知症ケアの技術が不足していると、ご利用者様の混乱や不安を増大させてしまいます。

 

認知症ケア研修を受けることで、介護職員は認知症の特性を理解し、ご利用者様に適切なサポートを提供することができます。

 

 

2.プライバシー保護の取り組みに関する研修

プライバシー保護研修は、介護職員が利用者の個人情報を適切に扱うための知識と技術を身につけることを目的としています。

 

プライバシー保護の知識が不足していると、信頼関係の損失や法的責任を負うリスクがあります。

 

定期的な研修の受講と、個人情報の取り扱いに関する最新のガイドラインを確認することが必要です。

 

プライバシー保護の取り組みに関する研修を受けることで、介護職員はご利用者様の個人情報を適切に管理し、信頼関係を築くことができます。

 

これにより、ご利用者様は安心してサービスを受けることができ、介護職員も法的なリスクを避けることができます。

 

 

3.接遇に関する研修

接遇研修は、介護職員が利用者やその家族とのコミュニケーションを円滑にし、良好な関係を築くための技術を学ぶことを目的としています。

 

この研修を通じて、職員は礼儀正しい振る舞い、効果的なコミュニケーション方法、感情管理の技術などを習得します。

 

もし、接遇スキルが不足していると、ご利用者様やご家族様との関係が悪化し、サービスの質が低下する恐れがあります。

 

研修で学んだ後も技術を実践し、定期的なフィードバックを通じて、より良いコミュニケーションが取れるよう改善しましょう。

 

そうすることで、ご利用者様はより満足のいくサービスを受けることができ、介護職員も職務の充実感を得ることができます。

 

 

4.倫理及び法令遵守に関する研修

倫理及び法令遵守研修は、介護職員が介護業務における法的要件と倫理的基準を理解し、適切に行動するためのものです。

 

この研修を通じて、職員は介護サービスに関連する法律、倫理規範、権利保護の重要性について学びます。

 

法令遵守や倫理的な行動が不足すると、信頼性の低下や法的な責任を問われるリスクがあります。

 

介護サービスに関連する法律や規制の正確な理解がご利用者様との信頼関係には必要不可欠です。

 

 

5.事故発生又は再発防止に関する研修

事故発生又は再発防止研修は、介護現場での事故を未然に防ぎ、万が一事故が発生した場合の適切な対応方法を学ぶためのものです。

 

この研修を通じて、職員はリスク管理、事故発生時の応急処置、報告手順などを習得します。

 

例えば、転倒リスクのあるご利用者様の部屋には、足元に物を置かないこと、コードなどはまとめておくなどの対策が必要です。

 

対策していても、転倒することはありますが、転倒事故後、原因分析をせずに同じ状況を放置することは絶対にやってはいけません。

 

事故発生又は再発防止に関する研修を受けることで、事故のリスクを低減し、安全な環境を提供することができます。

 

 

6.緊急時の対応に関する研修

緊急時の対応研修は、介護現場での突発的な事態や緊急事態に対処するためのスキルと知識を身につけることを目的としています。

 

例えば、ご利用者様が転倒した際、迅速に応急処置を行い、必要に応じて救急車を呼ぶなどの手順を学びます。

 

緊急事態に遭遇した際、パニックになり適切な対応ができないと、命の危険もあります。

 

緊急時の対応に関する研修を受けることで、介護職員は緊急事態に迅速かつ適切に対応する能力を身につけ、ご利用者様の安全を確保することができるのです。

 

 

7.感染症・食中毒の予防及び蔓延防止に関する研修

感染症に関する研修では、衛生管理、感染症対策、適切な食品取り扱い方法などを習得します。

 

感染症対策としての適切な手洗い、消毒や、食品取り扱い時の安全対策と衛生的な環境は不可欠です。

 

対策が不十分だと、食中毒や感染症拡大のリスクがあります。

 

感染症・食中毒予防研修を受けることで、介護職員は感染症や食中毒の発生と蔓延を防ぐための適切な対策を講じることができます。

 

 

年間研修計画の立て方

年間研修計画の立て方

 

この章では、年間研修計画の立て方について、具体的な手順を解説します。

 

 

手順1.フォーマットを用意する

まず、研修計画のフォーマットを用意します。

 

指定の様式はありませんので、Excel等で作成しましょう。

 

項目は、開催月、研修内容、対象者、講師がわかるようにしておきます。

 

年間研修計画

 

 

手順2.研修内容を決める

次に、研修の具体的な内容を決定します。

 

上記で解説した7つの研修のほかに必要と思われる研修を取り入れながら、月に1回程度の頻度で開催します。

 

開催する研修は、自社研修でも外部研修でも構いません。

 

 

手順3.スケジュールを調整する

最後に、研修のスケジュールを調整します。

 

職員の勤務スケジュールを考慮し、参加しやすいようにしておきましょう。

 

また、対象者が皆、参加できるように年度が始まるまでに計画を立てておくと良いです。

 

 

個別研修計画の立て方

個別研修計画の立て方

 

この章では、個別研修計画の立て方について、具体的な手順を解説します。

 

個別研修計画書は、特定事業所加算を算定する際に必要になります。

 

 

手順1.目標を設定する

まず、職員一人ひとりの目標を設定します。

 

現在持っているスキルとキャリア目標を聞き、具体的にどんな研修を受けると目標が達成できそうかを考えます。

 

目標を定めず、同じ研修を強制すると個々のニーズやキャリア目標に合わない可能性があります。

 

 

手順2.研修内容を決める

次に、目標に基づいて研修の内容を決定します。

 

それぞれの職員に合わせたスキルアップ等に繋がる研修を受講できるように手配しましょう。

 

また、個別研修では、法定研修と異なる内容で実施する必要があります。

 

 

研修の実施方法3選

研修の実施方法3選
この章では、研修の実施方法として、

 

  • 自社研修
  • 外部研修
  • オンライン研修

 

の3つを詳しく解説します。

 

 

1.自社研修

自社研修は、社内で実施し、知識の豊富な職員が講師となります。

 

そのため、自社のニーズに合わせて研修内容をカスタマイズできることがメリットです。

 

実務に直結した内容で、スキルアップを図ることもできますが、研修資料の準備や会場の確保など、開催に必要な準備が多くなることもあります。

 

自社研修を効果的に実施することで、職員は組織の方針に沿ったスキルを習得し、より質の高い介護サービスを提供することができます。

 

また、組織内のコミュニケーションとチームワークの強化にもつながります。

 

 

2.外部研修

外部研修は、専門機関や他の組織が提供する研修です。

 

最新の知識や異なる視点を得られることがメリットです。

 

申し込み等の手続のみで簡単に研修に参加できますが、内容が必ずしも自社の業務に関連性が高いとは限りません。

 

外部研修を活用することで、職員は新しい知識やスキルを習得できます。

 

また、業界全体の動向を理解し、自組織のサービスの改善につなげることもできるでしょう。

 

 

3.オンライン研修

オンライン研修は、インターネットを通じてリモートで行われる研修です。

 

場所にしばられないため、会場費や交通費などのコストを削減できます。

 

開催場所に関係なくどんな研修も受講できる反面、自宅などで受講すると、会場での研修とは違い、集中しにくい場合があります。

 

研修の内容によって、対面とリモートを使い分けることが大切です。

 

 

まとめ

まとめ

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。

 

訪問介護の法定研修について、その種類や計画の立て方、さまざまな研修方法をご紹介しました。

 

これらの知識を活用して、あなたの職場の介護サービスの質をさらに向上させましょう。

 

職員一人ひとりがスキルアップし、ご利用者様にとっても、より良いサービスを提供できることを願っています。

在宅介護