2024/02/09 訪問介護

【開業するなら必須】訪問介護の緊急時対応マニュアルをまるごと解説

訪問介護の緊急時対応マニュアルをまるごと解説

 

「緊急時対応マニュアルってどんなもの?」

 

訪問介護事業所を開業しようと思っても手続きや体制整備など、やることがたくさん。

 

緊急時対応マニュアルも必要らしいけど、どんな風に作ったらいいのか…。

 

緊急時に適切に対応できなければ、ご利用者様の安全はもちろん、介護サービスの信頼性にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

 

そこでこの記事では、マニュアル作成のポイントから、具体的な緊急事態の例、基本的な対応まで幅広く解説しています。

 

全部読むと、より安心で信頼できる事業者に一歩近づきます。

 

 

訪問介護の緊急時対応マニュアルとは

訪問介護の緊急時対応マニュアルとは

 

訪問介護の緊急時対応マニュアルは、ご利用者様の体調が急変したり、その他の緊急事態が発生したりした際に、訪問介護員が迅速かつ適切に行動するための重要な指針です。

 

このマニュアルは、訪問介護の運営基準に基づき、ご利用者様の安全と健康を最優先に考慮して作成する必要があります。

 

速やかに救急車の手配を行い、主治医や関連する医療機関に連絡するまでの手順を明確にした内容にします。

 

確認すべき事柄や、応急処置、119番で伝える情報、ご家族様やケアマネジャーへの連絡など、詳細を決めておくことで、緊急時にも迅速に対応できます。

 

また、ご利用者様やご家族様に対しても、万全の準備を整えていることで、安心感を与えられるのです。

 

 

マニュアル作成のポイント

マニュアル作成のポイント

 

この章では、訪問介護の緊急時対応マニュアルを作成する際の重要なポイントについて解説します。

 

 

わかりやすい言葉で

マニュアルは、新人職員も見るため、できる限り専門的な用語は避け、わかりやすい言葉で作ります。

 

手順を説明するうえで専門用語が必要な場合は、注釈をつけておくと良いでしょう。

 

誰が見てもわかりやすく伝わるように、可能であれば複数人で確認して作成すると、より良いマニュアルになります。

 

 

図解する

マニュアルには図解を取り入れることも重要です。

 

フローチャートや表を使うことで、理解しやすく、記憶にも残りやすくなります。

 

フローチャートと表

 

しかし、図解が複雑すぎると逆効果になることもありますので、シンプルで直感的なものにすると良いです。

 

特に、緊急時には内心焦ってしまいますので、フローチャートでわかりやすい手順があると、安心して対応できます。

 

図解を取り入れることで、マニュアルの有用性が大幅に向上し、実際の緊急時における迅速かつ適切な対応につながります。

 

 

緊急時の例

緊急時の例

 

この章では、訪問介護における緊急時の具体的な事例として、

 

  • 介護事故
  • 体調変化
  • 自然災害

 

の3つを紹介します。

 

 

介護事故

介護事故とは、介護現場で発生した事故のことです。

 

具体的には、転倒・転落、誤嚥や誤飲などがあります。

 

特に転倒に関しては、治療の必要がなかったものから受診が必要だったものまで含め一番多い事故です。

 

介護事故は予期せぬ状況下で発生し得るため、常に注意が必要です。

 

ベッドから車いすへの移乗の際に転倒してしまった、お風呂の床で滑って転んでしまったなど日常のさまざまな場面に転倒の危険があります。

 

例えば、転倒を防ぐためには、足元に物を置かない事やコード類をまとめて引っかからないように端にとめておくなどの転倒防止策が必要です。

 

移動の導線に物が置いてあると転倒リスクが高まります。

 

他にも、誤嚥を防ぐため、ご利用者様に合わせた食事形態にし、食事中は見守るなど、介護事故を予測した事前の対応をするべきです。

 

緊急時対応マニュアルの整備ももちろん大切ですが、対策しだいで介護事故は防ぐこともできるのです。

 

 

体調変化

体調変化には迅速かつ適切な対応が求められます。

 

理由は、早期発見と対応がご利用者様の命を守る鍵にもなるからです。

 

高齢になると持病が増え、複数の薬を服用している場合も多いことから、体調が変化しやすくなります。

 

日ごろから関わることの多い訪問介護員だからこそ、ご利用者様の体調の変化に早く気づくことができます。

 

気づくだけでなく、適切な対応をできるかどうかは、緊急時対応マニュアルの質や教育にかかっています。

 

 

自然災害

自然災害には事前準備と迅速な避難計画が不可欠です。

 

災害が予測不可能であり、迅速な行動が生命を救うからです。

 

地震などが起きた際に、一つ一つどんな行動をとるか、事前に把握しておく必要があります。

 

自然災害に関しては、緊急時対応マニュアルではなく、業務継続計画(BCP)にて詳細を記載します。

 

BCPとは、例えば自然災害や感染症の流行などの異常事態が発生した際に、ご利用者様へのサービス提供を継続するための計画や手順を示したものです。

 

緊急事態が発生したときの対応方法を示した緊急時対応マニュアルとは違い、事業の中断を最小限に抑え、組織の存続と利益の確保を目指すことを目的としています。

 

BCPについて詳しく知りたい方は以下の記事をごらんください。

 

訪問介護のBCP(業務継続計画)はこちら>>

 

 

緊急時対応の基本

緊急時対応の基本

 

この章では、訪問介護における緊急時対応の基本を解説します。

 

 

状況の把握

緊急時における最初の行動は、状況を正確に把握することです。

 

正確な状況把握がなければ、適切な対応をとることはできません。

 

例えば、ご利用者様が転倒した場合、すぐに意識レベル、呼吸状態、痛みの有無、出血などを確認し、必要に応じて救急車を呼びます。

 

ご利用者様の命にもかかわるため、訪問介護員がパニックになり、状態を確認せずに救急車を呼ぶなどということがあってはいけません。

 

緊急時に冷静さを失わないために、緊急時対応マニュアルがあるのです。

 

また、ご利用者様が大丈夫とおっしゃっても、自分だけで判断することはやめましょう。

 

把握すべき項目は、マニュアルに記載しておき、研修で内容を理解しておくことで緊急時の対応がスムーズに行えるのです。

 

 

安全の確保

緊急時には、状況を確認するとともに、ご利用者様と自身の安全を確保することが重要です。

 

安全が確保されなければ、さらなるリスクや事故が発生する可能性があります。

 

例えば、転倒が起きた際には、体勢などが適切かどうかも瞬時に判断できなければなりません。

 

ご利用者様と自身の安全を確保することで、緊急時のリスクを最小限に抑え、迅速かつ効果的な対応が可能になります。

 

 

報連相

報連相とは、報告(報)、連絡(連)、相談(相)のことで、迅速な問題解決に不可欠です。

 

特に緊急時には、速さと共に、正確な報連相が必要になります。

 

訪問介護では基本的に一人で訪問するので、何かあっても対応できるのが自分だけです。

 

しかし、誰にも連絡せず、一人で対応することがあってはいけません。

 

状況を独りで判断すると、必要な支援が遅れることもあります。

 

そうすると、ご利用者様の状態の悪化につながる可能性も。

 

職場内でも定期的なコミュニケーションを普段から取り、連携を強化しておくことが、緊急時の連携にも影響します。

 

適切な報連相により、緊急時の対応がスムーズに進むのです。

 

 

緊急時のための事前準備

緊急時のための事前準備

 

この章では、訪問介護における緊急時に備えた事前準備の重要性について解説します。

 

 

連絡手段の構築

緊急時には、迅速な連絡が不可欠です。

 

適切な連絡手段がなければ、必要な支援や情報の共有が遅れ、状況が悪化する可能性があります。

 

緊急時の連絡網を構築し、迅速に対応できる体制を作っておきましょう。

 

確実な連絡手段を構築することで、ご利用者様の安全を確保することができます。

 

スタッフの入れ替わりなどにも都度対応し、最新の連絡網を作成、共有しておくと、緊急事態が起きた際の安心感にも繋がります。

 

 

研修の開催

緊急時に適切に対応するためには、定期的な研修を通じて知識と技術を強化することが不可欠です。

 

研修により、緊急時の対応手順を学び、実際の状況で冷静に行動できるようになります。

 

緊急事態を想定したロールプレイやシミュレーションを含む研修にすると、より具体的な状況がイメージ、手順の理解につながります。

 

逆に、緊急時対応マニュアルがどんなに整備されていても、研修を行っていなければ、職員が理解できておらず、役に立ちません。

 

研修の開催は、訪問介護における緊急時対応の質を高めるために重要です。

 

新規職員が入ってきたり、異動があったりすると、連携を深めるためにも必ず研修を行うようにしましょう。

 

これにより、緊急事態においても最適な対応を行うことができ、ご利用者様の安全と健康を守ることが可能になります。

 

 

緊急時対応マニュアルの定期的な更新

緊急時対応マニュアルは定期的に見直し、更新する必要があります。

 

理由は、環境の変化や組織の人員構成などに対応するためです。

 

古い情報や手順に基づいたマニュアルを使用し続けることは、緊急時においては特に危険につながることもあります。

 

例えば、緊急時に報告をしようとしたものの、電話番号が前任者のものだったということがあれば、連絡が遅れてしまいます。

 

緊急連絡網だけでなく、対応の手順も見直すようにし、緊急事態が起きても常に最適な行動をとれるようにしておきましょう。

 

 

まとめ

まとめ

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回ご紹介した訪問介護の緊急時対応マニュアルの作成ポイントや、具体的な緊急事態の例、事前準備の重要性についての情報が、皆さんの日々の介護業務に役立つことを心から願っています。

 

緊急時に冷静かつ迅速に対応するための知識とスキルを身につけることで、ご利用者様の安全と健康を守り、より高い質の介護サービスを提供できるようになります。

 

この記事が、介護に関わる皆さんにとって有益な情報となることを願っています。

在宅介護